会社

会社の情報を載せる

会社の看板となる会社案内はきっちり作りましょう

インク

自社が外部に伝えなければいけないことをA4の1枚、2枚に凝縮させるのは案外難しいものです。 会社案内を作成においては、会社の理念、事業概要、役員構成、会社所在地など、記載項目はある程度テンプレート化されていますが、自社の説明に必要な項目をゼロベースで考えた上で、分かりやすい言葉で表現していく作成する必要が有ります。 デザイン全体の色合いや字体も重要です。寒色であれば安心感、暖色であればわくわく感が強め伝わります。会社案内としてクライアントに感じてほしいイメージにあったもので作成しましょう。

重要なポイントは自社で考えて作成はプロに代行してもらおう

考えることがいろいろと多く、会社案内作成を外部に代行してもらうのが最近活発化してきています。インターネットで検索すると、作成代行がランサーズなどで多く募集されています。料金も調整が効くため、時間と料金を抑えて良い会社案内を作成できるのでお勧めです。 作成代行を使う際の工夫すべき点をまとめておきましょう。まずは、丸投げをしないということ。あくまでアウトプットの作成代行です。中身自体のイメージは自社で作りましょう。安心感を強く感じてもらいたいのか、わくわく感を強く出したいのかは代行者が決めることではありません。事業概要も自社で書きましょう。コンテンツ部分を作って、それの並べ替えや言い回しを調整するというのが代行の仕事だと思って下さい。 こうした役割分担を明確にすることイメージ通りのよい会社案内を作ることができます。